G線上のジャリア

〜何も生み出さなかった・続〜

NCT 127のライブに行った話3ーついに推しと対面!肉眼眼福!謝謝!我願望近触!

※これはただのオタクがライブに行った話です。今回は少しネタバレが入るので、127のライブに行く予定があるよん!というお仲間シズニは退散願いたく思う。

 

前回:妹の腹痛との戦い。そして幕が上がるーーーーーー

 

moneydaisuki23.hatenablog.com

 

 

ついに推しと対面、肉眼で見える!!

いいですかシズ二。ここからネタバレ含むぞ。

今回はセットリスト順番に感想を書くと永遠に続きそうなので、散文で吐き出すことにしていきます。

ちなみに、今回はコロナ対策ということで、歓声は禁止に。代わりに拍手が歓声がわりになっていた。

 

NCT 127か…知らぬと思う方向けにちょっと紹介がてら書いていきたい。

 

まずはね、登場した時、妹曰く「お姉ちゃん、膝から崩れ落ちていたよ」と。

そりゃあ、コロナ禍になってから初めて会ったもの。同じ空気を吸っているもの。認めます、私は 膝から崩れ落ちました。

会場ではトロッコがあって、メンバーはそれに乗って移動しながらパフォーマンスをするのだが、私たちが座っていた席では、肉眼でメンバーを見ることができた。後半は、妹と一緒に小むr……ゴッホン、工事現場の標識のあのお兄さんのような、お辞儀をするけど顔はそのままな体勢で見ていた。

 

ここからメンバー別に。

テイル。今回は来日のタイミングでコロナ陽性になってしまいホテルにて25日まで待機となったメンバーだ。不遇。あまりに不遇すぎるよ!!

 


www.youtube.com

 

この歌の通り、すごく美声がかっている。そのためグループのメインボーカルで、おそらく事務所の中でもダントツでうまいのではないかと思ったりしテイル。

この公演では見ることができなく、代わりにビデオで出演していた。これ、生で聞いたら私の耳が溶け落ちていたと思う。何気に私の推しであるドヨンよりも声が好きだったりする。

 

ヘチャン。


www.youtube.com

こんな感じでした。普段はめっっっっっっつあかわいい弟!って感じだけど、ステージに上ると雰囲気が全然変わっていた。通りでヘチャン推しが多かったわけだ。ステージの姿でぶち抜かれるということだったのですねっ ああ東京ドームではテイルとのデュエット楽しみにしている。

 

ジェヒョン。

 


www.youtube.com

やはり、雄の最高峰と言われているだけあって、安定のかっこよさでした。そのくらいしか言えねえ、いや、かっこよかったんですよ、けれど私たちにしたらそんなこと知っていたから当然生なんて当たり前なんですよ。今更いうことでもない。

生で聞くこもった歌声、こりゃ惚れるでしょっっっ

 

ジョンウ


www.youtube.com

こやつ、一番衝撃だった。普段はさ、子犬みたいにラブリーーー!って感じだし、Mステに出るや否や、悠太くんの特集になった瞬間「ゆうううううううううたああああああ」と猟奇的になってタモリさんを戸惑わせたやつ。なのに、ソロステージ、え、マイケルジャクソンが降臨してる!こんなにかっこよかったんだね…わたしゃぶち抜かれたよ。動画、いいものが出てこず、なんとなくそれっぽいものを選んだけど、絶対違うけんね!?

 

テヨン

圧倒的センターとは君のことでした。

www.youtube.com

 

MCになるととってもかわいい日本語で話してくれたけど、ダンスとかラップとか、ほおお==やっぱりあんたはすごいよ、と。あの澱んだ声のラップも心地いんだわ。ソロパフォーマンスは月に乗って歌っていたんだけど、ワイルドだけど妖艶でなんかよくわからない感情に陥った。ちなみに末っ子の妹曰く「将来はテヨンと結婚したい」だそう。おいっ烏滸がましいぞっっっ

 

マーク。

www.youtube.com

 

ラップを堪能できる動画を載せてみた、私のロールモデルスルギちゃんつき。

あのかわいい少年から醸し出すカナダ仕込みのエモエモラップ。ソロでももちろんラップを披露してくれたんだけど、最後の「Sexy…」は完全にラッパーでした。少なくともアイドルの顔ではなかった。

 

悠太くん

www.youtube.com

 

 

この動画はただワイが好きなだけだ。

はあ、ステージでは一番カッコよかったかもしれぬ。MCの時はばっちりハイローの宣伝していた。

ソロパートですよ。日本シズ二が泣いたのは!!butterflyという曲で、韓国に渡った時の苦悩とか葛藤とかを曲に込めたそうだ。途中、ダンスの時に、腰に彫った蝶のタトゥーをチラリズムで見せる振り付けがあったのだけれど、皆さん「…悠太くん!!!!泣」というね。終わった後、しっとりした雰囲気になっていた。

あ、そういやライブの前半で彼がかっこいいイケてる顔になったとき、どこか一人、悲鳴を上げて失神していた。歓声禁止だったが…歓声ではなく、たしかに悲鳴だった。

 

 

ジャニさんですね、メンバーの中で高身長なだけあってさ、立ち姿が脚!でしたね。めっちゃかっこよかった。けど……「歩く18禁」だの「セクシー大魔王」だの散々な言われようってくらい、ちょっと際どかったりしていた。

 


www.youtube.com

 

これにも似たことをですね、あやつはやりおったのです。なんかね、ジャケットを脱いだ辺りから会場が「え、これ、どういうこと?」という戸惑いと興奮の空気になっていた。今思い出しても、こりゃ親にも絶対話せないな〜〜 隣に座っていた男の子も、終わった後「なんか…かっけえ…」とときめいていた。男も惚れるジャニさん。そういや、斜め後ろにいた親子(父、母、そして娘)は、これをみて大丈夫だっただろうか、お父さんの方、びっくりしていないのだろうか……家に帰ってから喧嘩になっていないのだろうか、私は心配である。

 

最後に、私の推し、ドヨン。

 

ということで、次回予告。

 

ついに推しのドヨン!かっこよさと美しさに翻弄された私は、その後数日間は夢の中!!

 

流石に、推しですからね。次回にとっておきましょう。

 

今回はここまで。最後までお読みいただきましてありがとうございました。てかこれ、だれが最後まで読むのだろうか。