G線上のジャリア

〜何も生み出さなかった・続〜

NCT 127のライブに行った話1ーどうして私が名古屋に?

 

NCT127 LOVE HOLICのジャケ写

 

5月もいつの間にか下旬になっており、よくわからない焦りの中で布団でゴロゴロしながら本を読んでいる。さすがに2ヶ月もフリーターもどき?ニートもどきをしていると飽きてくるのは人間の性なのかもしれない。

 

そんな私に、とある刺激的な出来事が起きた。

 

私が現在、推している韓国アイドルグループ「NCT 127」のライブに行ったことだ。

 

この数日間、私は夢の中にいる。公園を歩いていても全てがキラキラして見えて「地球って最高、生まれてきて良かった」なんて脳内お花畑なことを言ってはニヤニヤし、きっとこの公園の十字路で、食パン咥えた私と推しがぶつかって突然はじまる禁断の恋を妄想し、マスクの下では鼻の下がこれ以上ないほどに伸びきっている。あともう少しで人中が引きちぎれる!

 

いくらなんでも夢の中に居座りっぱなしではいけないと理性の自分が止めようとしている。けれどこの感情、どこにぶつければ良いのかがわからず、この感情の逃げ場である当ブログに、あの時の思い出を置き去りにしていこうと思う。

じつはこのブログ、私の想定よりも、なんだかんだ読んでもらっているため、これを書きながら羞恥心と戦っている。おそらく散文になるので、「わけわからぬ」と思われたら立ち去ってください。これもあなたのため。

 

まず、そもそもライブに行くこと自体が2年?ぶりくらいに。最後のライブは久保田利伸。まるで正反対のライブだったわけ。当然ながらあたりを見回しても50代くらいしかいなかった、としちゃんのライブ。NCTの客層はやはり若かった。私が結構年上かな?みたいなね。

 

ライブ、名古屋と東京を当ててしまった。

話はNCTに戻す。

この度、私たちの推しはドーム公演を開催する運びとなった。実は、1月に海外アーティスト初!コロナ後のライブをさいたまスーパーアリーナでする予定ではあったのだが、直前のコロナ感染拡大で延期になってしまった。その後、4月(3月だったっけな)に入り、

ついにドーム公演を行うことになりました!!!!

というメールが私の元に届いた。

おおお、たまアリではなくて、ドームかあ!席しっかり埋まるかなといらぬ心配をしつつ、チケットの抽選申し込みをした。

今回、応募したのファンクラブ先行応募。

 

具体的には、今回のライブ

名古屋×1(@バンテリンドーム)

東京×2(@東京ドーム)

大阪×2(@京セラドーム)

の全5公演

という感じで、第5希望まで入れることができた。たしか公演順もそんな感じ。いや結構推し自身にとっては負担のかかるスケジュールだな…

 

韓国アイドル(しかも日本でも徐々に有名になっていった黎明期に)のドームはTWICEのようによほどメジャーじゃないと埋まらないのでは?と思う半分、でもそれなりの見込みがあるってことでドーム公演でしょ?あまり当たらないのではないのか、と思う半分。けれどせっかく来日してくれるのだし!ドームだし席結構多いのではないのか!数当てたら1公演程度当たるだろう!そんな安易な気持ちで公演全てのチケットを希望した。そしたらさ、5公演中2公演(東京と名古屋)当たってしまって。金なんかねえのに。

 

驚きと同時に激しい後悔が襲ってきたのです。え、はじめてのNCTのライブなのに?しかも初っ端遠征?名古屋、行ったことないのに。ばばバンテリンドーム?ナゴヤドームって名前じゃなくなってる?

 

お金がないということで、チケットキャンセルしようと試みた。

あれ?できない!ああ!クレジット決済にしたせいか!?

キャンセルできないという。私の元になんらかの罰がやってきたようだ。最近はクレジットの呪いにかかっている!くそう!

 

と思いながら、現実を受け入れました。クレジットの呪いはまた後日改めて記事にしたいと思う。

 

新幹線のチケットもやっとこさ取りましたけどね。新幹線のチケットも1週間前に取ったというギリギリをいった私である。これもちょっとあってねえ。

 

そして前日になって、やっとこペンライトを開封したのよ。それくらい、ギリギリまで動かなかった。

 

いざ名古屋へ。グルメを探すも「え、、ギャルだけやん」ついに噴水ですやすや!

そして当日。名古屋ねれっつらごー

今回同行するのは我が妹。ちなみにJAM(JO1のファンの名称。まめちゃん推しですって)。

実は名古屋に上陸するのは人生初めて。ちょっとウキウキしながら行っていた。

新幹線も、久々で乗り物を乗ることに密かに興奮する性癖を持つ私にとっては、今回の目的は半分新幹線に乗ることであった(ギリギリまでチケット取ってなかったのに何言っちゃってんのよ、というツッコミは置いておき)

 

名古屋に着くじゃん。そしたらびっくり名古屋城が全く見えなくて、目の前にあるのは高層ビル群。

これ、もしかしてだけど、唯一の観光地名古屋城さえも見えないのか……あれ、そういや名古屋って小倉トーストの聖地コメダ珈琲以外にも有名なものってなんだっけ。全く思い浮かばなかった。

 

インスタグラムが頭によぎる。

一度、「名古屋 グルメ」と検索していただいたらわかるが、ギャルの姉ちゃんと肉寿司の投稿が圧倒的多数。あれ、矢場とん味噌煮込みうどんきしめんはどこへ?

Google先生に聞いてみても「名古屋 観光地 ない」とまで予測される始末だ。私の地元福岡とあんまし変わらない。

 

当然ながら昼ご飯は悩んだ。ひつまぶしも悪くはなかったがどこもかしこも並んでいる&高い!大学生に4000円は高すぎた!あと1000円課金すればペニンシュラのアフターヌーンが食べられる!

そう思って妹と血迷った挙句、名古屋城近辺で食べることにした。

名古屋城は、名古屋駅から地下鉄から15分ほどの距離。唯一の観光地名古屋城には入らずに、そのまま城下町もどきの飲食店街へ。たしか味噌煮込みうどんときしめんを食べた。あ、2人でね。いくら私がぽちゃこだったとしても、流石に麺類2杯はキメられなかった。

 

その後、目標会場入り時刻まで1時間ほどだったから、どこか適当な場所で時間を潰そうと思ったのだが、如何せん名古屋の知識0だったので、どこへ行けば良かったかわからず、だからって名古屋城に入るにはこのクソ暑い中(ちなみに当時の体感温度は30度超えていた)にクソ暑い本丸に入るのは殺人行為。ということで、駅近くの噴水で寝ることにした。というより、妹が寝てしまった。

 

その後、出発時刻になり、いざバンテリンドーム出陣へ。電車はやはりこれからNCT 127のライブにいく民で溢れかえっていた。

 

というわけで、この辺で一旦切ろうと思います。

 

 

 

次回予告。

 

開場直前に妹の腹がヤバいことに!?だがドーム内トイレは超超超蛇の列! 果たして妹の腸は無事だったのか!緊迫の一部始終  

をお送りいたします。冗談です。次回も引き続き布団でゴロゴロしたくなる思いを吐き出していこうと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。