G線上のジャリア

〜何も生み出さなかった・続〜

休学して平日が終わった 〜合法ニートの2日間をふりかえる〜

休学2日目を終えました。

感想としては

「うーん、春休みの延長かナ?」

 

そこまで劇的な変化はない。だが、日に日に「自分の選んだ道だ……」と、プレッシャーを感じ始めている。ほんの微量だけど。お金や人様の迷惑、ある程度のリスクをかけてこの1年間を手に入れたわけだから、絶対に無駄にしてはいけない。

きっと、周りは少しずつ内定が出ているのかもな、社会人の友達は疲弊して休日を迎えているのかもな、と思いを馳せつつ。浪人の時のように”社会から断裂されている者”というレッテルを貼られたなかで生きている心地はどうかと問われたら

「ああ泥水を啜っている気分だよ」としたり顔をし、社会をハイエナの如く睨んでいる

VS

「ふっふっふ。まだ学生じゃ、合法ニート!」というスパイスのような香ばしさ

VS

「親に申し訳ない」という背徳感と羞恥心

 

のせめぎ合いだ。

 

さておき、ここ2日間の私の流れを晒していこうと思う。

 

休学1日目(4/14)

午前中は図書館に行く。「英語のバカヤロー!」的な本を借りる。TRANSITという雑誌を読んで、東欧に憧れを抱く。ロルバーンに休学計画を書こうと思ったら、ペンのインクが切れてしまい、書くことができなかった。帰宅

午後はYouTubeを見る。きっと、今頃は講義があるだろうなと思いながら。何をみていたのかというと、眉毛の書き方。ついでにAmazonギフト券を持て余していたのでviseeのピンクアイブロウとロージーローザの眉専用ブラシを購入した。

夕方は書店のアルバイト。新人くんが入ってきた。と言っても、ある程度仕事は慣れていたからあとはギフトラッピングを教えたりした。自分の語彙力のなさに苛立つ。店長に「休学することになった」と伝えると「就職浪人じゃんw」といじられる。あと、常連のお客さんに電車でつきまとわれたことを話すと「まあ、気のせいだと思うけど…何かあったら警察に突き出しな」と言われた。

帰りは小雨。本は買えないなと思い、切れていたペンの詰め替えと限定のロルバーンを買った。ふとスマホを見ると、マイナビから通知が。中身は、先日受けた面接が通過した旨。ああやっちまった。

 

休学2日目(4/15)

午前はアルバイトの記事執筆。ああださい文を書いてしまった。きっと社員さんから「前はあんなに書けたのに、今回のおまんの記事、どうしてこうなったんだよ」と呆れるであろう。ごめんなさい…ズボラで機械音痴なんで。

正午、リクナビから通知が。中身は、これまた先日受けた面接が通過した旨。出ました2回目のああやっちまった。

午後は、まずは面接辞退のメールを送った。ごめんなさいと、けどどうしても来年度うけさせてくれないか、とメールを打った。誠に勝手ながら、本当にすみません。

その後、気象庁の人々を見ながらマニキュアをして、今日も図書館へ。さすがにこのままじゃなと思い、休学にやりたいことをリストアップ。そしてインターンやボランティアを探していた。よし、今日は進歩。この小さな積み重ねが大事だ。と自分に激甘な評価を下して、本日は終了。夜ご飯を食べたあとは、妹がクッキーを作るということだったので、その前にコーヒーゼリーを作った。そのあと、妹のクッキー作りの傍らでぺちゃくちゃ喋っていた。どうやら、進学先で隣になった男の子(コムドット憧れている風)が同じクラスの女の子のマスクの下が相当気になるようで。女の子にちょっと幻滅したあと、男の子同士で「あいつのマスクの下、くちぱっちだったぞw」と言っていたらしい。それを聞いたうちの母は「サイテー」と言っていた。いや母よ、ここは「まあ、若い男の子だねえ〜」と余裕かましてくれ。そして、妹が化粧を落としているところをみて、やはりすっぴんはすっぴんだ、と思った。今日これにて。

 

ゆったりとした時間と、辞退しなければならない選考と共に過ごしたこの2日間。非常にスパイシーだった。

 

今日はこれでおしまい。最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。