G線上のジャリア

〜何も生み出さなかった・続〜

早期選考に落ちた話 〜あの涙は本物だった〜

タイトル通り、早期選考に見事に落ちました。

早期選考の詳細についてはコチラの記事をチェック

moneydaisuki23.hatenablog.com

 

 

 

その後ですね、というより本日正午にメールが届きました。

きました。選考で初めての

「お祈りメール」

涙がもう、

出なかったです。

 

あれ、悔しいんじゃないの?なんで泣かない?と思うじゃないですかぁ。

あの後ですね、すごーく「ああすればよかった」とたらればばっかり吐き出しては発狂していたので、まあ、落ちても当たり前かと思ったのですね。

 

ですが…

ただ一つ、問題なのが。

 

ここ、これからも続けるアルバイト先ってことです。

 

なんか私が気まずいんだけど。落ちた先に、これからも労働と時間が搾取されるんですね。いやーなんか気まずすぎて。こんな皮肉なこと、あります??なかなかないと思うのです。屈辱!せめて最終選考で落としてくださいよ。そしたら「あーあー」なんていい意味で諦めることができますから。

しかもですよ、普通の就活だと

「まあ、マッチングしなかったから仕方ないか」

と軽く切り替えできればここまで引きずることなんてないのですよ。

 

でも、推薦されて結果を残せなかったのは、誠に遺憾どす。

そもそもマッチングしていなければここでアルバイトができていないわけです。そこをアルバイトとして雇ってくれたのであれば、それこそ私とマッチしていると思ってくれたはずなのです。

 

要はですよ

「あんた、能力ないわね」

と突き放されたってことですよ。

チーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン。

なんだろう、相性悪ければ

仕方ねえ!!

何て思えるのにさ、この微妙な感じ。あれ?はにゃ?ってさ。縁を切るわけにはいかないじゃん、縁の世界だっていうけど。

 

 

 

 

ここで、ふと思い出したことがある。

私が最近購入した書籍があって。

 

これです。

この書籍の購入特典として、FFS理論※に基づいた診断をしてくれるんですね。

 

※FFS理論…ストレス耐性などによって性格を判定するものだそうです。心理学ではなく、医学・生理学に基づいているものですって。すげえ

 

そこででた私の性格は、「星加正」でした。

 

人物いっても私も??てなったから、詳しくみていくと、

私がカテゴライズされた性格的に、どの辺がストレスを感じるのかというと、

他の人に役に立たないと思われたとき

なんですって。

あの、はちゃめちゃに当たっております。まさに今回の件じゃないですか。

人格的に否定されるよりかは、「お前、役立たずだな」と思われてる方がプライドがすごーくすごく傷つくんですよ。人格なら、「あっそ」と思えるけども、必要とされていない感覚?あれはきついですよ。

 

だから、私は今、ストレスフルでブログを書いているわけです。

マスクの下、への字がすぎてマリオネットラインができていそう。

 

 

今回はこれでおしまい。ちょいと短めでちょっと暗い辛い内容でしたが、最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。