G線上のジャリア

〜何も生み出さなかった・続〜

自分のブログをエゴサしたらGoogleに煽られた 〜しかも夢でもバイトしているってどうゆうこと======〜

 おかげさまで、私の周りの方々に

「ブログ見ているよ〜〜ぐふふふふふふふふふふふふふふっふh」

と言われるようになりました。ありがとうございます。

これからも私のボキャ貧で拙くて自虐ネタ満載の当ブログをお楽しみいただければと思います。

 

 

さて、本題だがそろそろ脳内思考回路破壊装置グーグルエンジンも私のブログを認知してくれるようになったのかとちょいと気になりまして、エゴサしてみることにしました。

果たして、トップに何が出てくるのか。ちょっとドキドキしながら検索をかけてみました。

 

 

まずは「G線上のジャリア」と検索。

 

f:id:moneydaisuki23:20211016122949p:plain

 

G線上のアリアではないか?間違っていない?ということで、「G線上のアリア」も含めて検索されました。

 

まあ、いうてPV数もそこまで多いわけではないため、想定内です。

ぱっと見、ジャリアもアリアに見えるよね。

 

まあ、せっかくグーグル先生が「G線上のジャリア のみで検索」

と提案してくださっているので、イエスマンよりも素直な心で検索をかけてみた。

 

すると↓

 

f:id:moneydaisuki23:20211016211708p:plain

 

給料泥棒 とは

 

私のブログが出てきました。なぜ。なぜだ。

 

私からすると、とんでもなキラーワードが出てきました。

どのくらい「キラー」かというと、本物のデブに「デブ」と言うことと同じくらいなんです。

 

思い当たる節がありました。私は現在バイトをしているのですが、確かに給料泥棒をしておりました。めちゃめちゃドンピシャです。ストライクです。ホールインワンです。泣く。

 

 

 

そこで、ふとここ2、3日の出来事を思い出してみたのです。

 

 

遡ること水曜日。夜です。正しくは朝の4時半。

それまで夜に飲んだコーヒーのカフェイン作用により全く眠ることができませんでした。目が冴え渡る。やっと寝付けたかと思ったら、とある夢を見ました。

 

舞台は本屋。私のバイト先です。シフトから上がった後、帰る準備をしていた際に、事務所に先ほどシフト交代したバイト先の先輩が引きずられながら、もう1人の先輩がやってきました。

「こいつ、失神した」と。

 

ここで目が覚めました。はあ、どうしようもない夢を見てしまった。そう思ってもう一回眠りにつきました。

この日はここまでで終わりました。

 

 

木曜日、つまり次の日です。

夢を見ました。舞台は自宅。

ふとスマホで就活でOB訪問を申し込むことができるアプリを見ていたところ、見覚えのある人が。

そう、出版社のアルバイト先で私の指導係の社員さんです。

あれ、この社員さんもOB訪問受け付けているのか。

それで目が覚めました。特にこれといった意味のない夢を見ました。

 

 

金曜日、つまり次の次の日です。

夢を見ました。舞台は自宅。

編集の方のアルバイトをしていました。毎度社員さんが私の書いた記事を添削してくださるのですが、いつも赤ばかり入っている私の拙い記事。

 

なんとお直しがびっくりするほどなかったのです。ええ!!とびっくりしつつ、とってもウキウキ、、そして目が覚めました。

 

舞台は自宅。さっきのあれは夢だったのか…夢と現実はたいてい逆のことが起こるというのは有名なので、これ見ちゃダメなやつじゃんと落胆していました。

編集アルバイトをしていたのでしょうか、パソコンが目の前にありました。パソコンの画面に目をやると

 

お直しがさっきの10倍あったのです。数字、覚えています。お直しがほぼなかったあの時は17個、今画面に映し出されているお直し数は220個。10倍どころではありませんでした。とてもショックでした。やはり夢と現実は逆なのねん、と落胆しました。

と思ったら、はたまた舞台は自宅、布団の上。

 

どういうことでしょうか。

 

そう、私は夢の中で夢を見ていたのです。しかも内容が同じ。バイトをした夢を見た夢でもバイトした夢を見ました。(なんじゃこりゃ)ちょっと嫌な朝を迎えました。

 

そして、土曜日。つまり、今日です。

 

昼寝をしていたのですが、また夢を見ました。

舞台はあれ、ここどこだ。うーっすら記憶をたどりました。あ、バイト先の出版社の新しいオフィス。直接行ったことはないけど、そういえば改装して新しくなったんだったっけ。写真で見たわ。

でも、なぜここにいるのか。本来は土日休みのはずなのに、なぜ今記事を描こうとしているのか。

作業連絡アプリを見てみると、

「休日出勤の時は〇〇してね」

「この記事を書いていて」

と通知が。

アルバイトをしていたのです。しかも土曜の素敵な休日の時に。

そして目が覚めました。

 

 

 

 

なんと私、4日もアルバイトの夢を見たのです。

しかも、給料泥棒になりながら。給料泥棒が休日出勤なんて、狂ってますよ。マジで給料泥棒しすぎて辛い。

ここでも社畜魂を持つ私でした。

 

 

社畜、そういや中高も社畜だったな。仕事できていたかは別として。

中学は、先生から「これだと熱意が伝わらない」と根性論を持ち出されて(いい先生だったんですよ?)、委員会が終わった後に説教を食らいました。当然泣きじゃくりました。

高校は後輩と共に呼び出されて、私が一方的に怒られる、50分間のお説教タイムがありました。後輩の前でボロクソに言われた時、あれは地獄でしたね。まあ私がしでかした内容が内容だったので叱られて当然でしたが。(あ、いい先生だったんですよ?)

 

なんか話が脱線してきましたが、まあ私が給料泥棒ってのは間違いないと思います。

 

だって今や世界を見下ろしている天下のgoogle様に煽られたんですもん。

 

 

 

今日はここまで。ここまで耐えつつ読んでいただきありがとうございました。ちゃんちゃん。