G線上のジャリア

〜何も生み出さなかった・続〜

【ただの報告】ブログ名が変わった件について 〜自虐と怨念に乗せて私は唄う〜

 タイトルの通り、ブログ名が変わりました。衣替えの季節ということで、ブログも少し衣替え。

 

元々、「つまんねえw」がブログ名でした。由来は、徒然草なんですね。

徒然草の序文って、要は

「なんかつまんないから適当に何かを書いたらますます頭の中がクレイジーになってきたよ」

ってことらしいのです。

まあ、私のブログそのままやんか、てことで少しもじって

 

徒然→つまんねえ

草→w

 

という構造になっていました。現代語訳的な?令和誤訳的な?

 

ただ、私も物欲並みの飽き性ということで、この頃

「つまんねえw」

というブログ名が本当につまらなくなってきたので、ちょーっと考えてみたのです。

 

 

 

そういえば、私が小学生のころ。

クラスの男の子に、こう言われたのです

「お前、ジャイ子みてえだな」

と。

 

いい意味で捉えると、白馬の王子様を待ち続けるピュアな少女なのですが、

この時の小学生男子なんてこんな雅なことを考えるわけもなく、単に

 

ーーーーーーー デブ ーーーーーーー

 

ということを裏返しに言っていたはずなんですね。当時それなりに頭ん中でキレていたので、まあ確かに事実っちゃ事実で自覚済みだったのですが、

 

「こいつ、土の中に埋めてやろうかな、剛力で」(いつでーもスマイルしーよおねー♪)

 

と心に誓いました。

 

ちなみになのですが、当時やはり男子諸君から

「腕相撲強そう」

と言われていました。ほんと、土にうm(略)(いつでーもスマイルしーよおねー♪)

 

そして、時は変わって中学生。

中一はちょっと荒れていた(こんな私にも色々あるのよ)生活を送っていたのですが、ようやく落ち着いてきた中二のころ。

当時の男子諸君は声変わりの時期。ちょっと声が高い男の子がいたのかな。

直接私と話したことある人はわかると思うけど、超がつく「低音ヴォイス」でした。はい。昔から。しかも結構な滑舌の悪さと、こもり声。

 

そのせいで、クラスで先生に当てられ、何かを発言すると

 

リピーターアフターミー

 

をしてくるのです。

英語の授業はもちろん、社会でも、数学でも、国語でも。どうしてでしょうか。

最終的には、とある男の子から

 

「なんかスティッチの声じゃね?」

 

と言われました。

いい意味で捉えると、今までの男子諸君の私の声のからかい様は、低音ヴォイスに憧れを抱いていたのでしょうか。少しでも近づきたい、この声に。このダンディな声。女性が思う、男性魅力ランキングで必ず上位に入ってくる、「低い声」「こもり声」「ハスキーヴォイス」。嫉妬していたのでしょうか。全く、いじらしい。

 

しかし、当時の博多少年はそんな雅なことなんて一切頭になんてなかったはずです。

単に私の声をからかっていただけでしょう。

 

「こいつら、まとめてマグマ飲ませてやろうか、そしたらちょうどよくかすれた低音ヴォイスになるだろう」

と心に誓いました。(いつでーもスマイルしーよおねー♪)

 

また、色々な少年少女に言われました。

「お前音楽の教科書の裏表紙に載っている能面みたいな顔だな」

 

みんなまとめてマグマで洗顔してやろうか。(いつでーもスマイルしーよおねー♪)

 

 

 

 

 

おっと、話がかなりそれてしまいました。

というわけで、

G線上のアリアをもじって(名曲なのにごめんなさい)

G線上→ ギャグ線上

ジャリア→ジャイ子とアリアの掛け合わせ

 

と、ブログ名が決まりました。

 

 

うん、自虐と怨念が詰まったこのブログ名。すぐ変えることでしょう。

 

君が落ち込んでいる時、少しでも笑ってくれるならば、私はどんな自虐ネタでもする。

 

そんなGACKTみたいなことを言いつつ、今日はここまで。

 

 

 

あーーあ、いつか、私に

「綺麗だね」

と言ってくれる白馬の王子様がやってこないかーしらっ。